たわら飴

「たわら飴」とは。

その昔は「若飴」と呼ばれていました。

 お正月にあげたお供えを下げ、1月8日に「若飴」と「若水」をあげて、「いつまでも若く健康でいられますように」とお願いしたものです。

 米俵にかたちが似ていることから、五穀豊穣の祈願にもなると言われています。

以上。昨夜、八戸市のあるスーパーで見かけた説明でした。

とりあえず、おいしいです。

 ついつい噛んでしまいます。上の歯と下の歯が飴にくっついて、噛むのに力を使うところも懐かしい感じ。パッケージもレトロでかわいらしく、袋の口なんて輪ゴムで留めてあります。きっと、「かさこじぞう」みたいな誠実なおじいさん、おばあさんが1つ1つていねいに作っている…と妄想が止まりません。

「たわら飴」。某スーパー…というか、本八戸駅前の「三光ストア」にありました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。